クリアネオの成分は?どんな仕組みで働くの?

クリアネオの成分は?どんな仕組みで働くの?

クリアネオの成分がすべて載っていないので…

 

公式ショップサイトを見て思ったんですが、どこにも成分表が書かれていないことに気づきました。

 

クリアネオの成分は無添加でパッチテスト済みとはなっているんですが、やっぱりどんな成分が使われているか気になるところ…

 

 

・無添加
(着色料、鉱物油、香料、パラベンなどゼロ)

・パッチテスト済み
(金属アレルギー、アルコールアレルギー、敏感肌、乾燥肌)

 

せっかくクリアネオを購入して、パッケージにその成分がすべて書かれているので、効果・効能と合わせてここにまとめておきます!

 

クリアネオ(CLEANEO)の全成分
有効成分:
パラフェノールスルホン酸亜鉛、イソプロピルメチルフェノール
その他成分:
架橋型ポリエーテル変性シリコーン化合物、メチルポリシロキサン、架橋型メチルポリシロキサン

デカメチルシクロペンタシロキサン、PEG-9、ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、セリサイト、メチルハイドロジェンポリシロキサン
架橋型シリコーン、網状型シリコーンブロック共重合体、イソノナン酸イソトリデシル、精製水、塩化ナトリウム、クエン酸ナトリウム
エタノール、フェノキシエタノール、1.3-ブチレングリコール、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、カキタンニン、炭酸水素ナトリウム
炭酸ナトリウム、セージエキス、シャクヤクエキス、ドクダミエキス、アマチャエキス、ユキノシタエキス、海藻エキス8(5)、加水分解シルク液
l-メントール

 

効果・効能

わきが(腋臭)、皮膚汗臭、制汗

 

それにしても、なんかの呪文みたいにすごく長い名称とかあるし、ほんとに安全なのか不安になりますよね…(^^;)

 

わたしも最初にこの成分を見たとき「え、こんなゴチャゴチャ入ってるの?なんか不安…」って思っていましたし、ちょっと躊躇していました。

 

でも、使い続けてみてもう3〜4本は使っていて数カ月は経っているんですが、とくに肌トラブルはないので良かったです♪
皮膚の病気などは起きていないですし、アレルギー症状などもなく使えています。

 

何年も使っているわけじゃないのでまだ油断はできないですけど(^^;)
まぁ、成分的には危険そうな感じもしたんですが杞憂でした!

 

クリアネオはどうやってワキガ・体臭を防いでくれるの?

クリアネオの成分で一番の働きをするのは『パラフェノールスルホン酸亜鉛(金属塩)』という成分です。

 

これは制汗剤にはたいてい入っているくらいポピュラーな成分で、これで臭いの原因になる汗を防ぐことができます。

 

収れん作用と言って、タンパク質を凝固させる作用があります。

 

簡単に言うと、汗腺から出てくる汗に含まれるたんぱく質を固めて被膜のフタを作って物理的に汗を止めることができます。

 

「いや、それ身体によくないでしょ!」

 

ふつうなら、無理やり汗を止めているから身体に毒素が溜まるとか、身体に負担がかかるって思うかもしれません。

 

でも、基本的に汗として出てこない水分は尿として排出されるので心配する必要はないです。
ちなみに、身体の毒素というのは95%以上は尿や便から出ていきます。

 

汗を止めたからといって急に身体が不調になるってことはまずありえない話なので安心です。

 

臭いを生み出す3つの原因は?

で、話を続けますと、臭いが引き起こる原因は

 

皮脂+汗+菌

 

の3つです。
逆に言えば、この3種類が揃わない限りはあの悪臭を防ぐことができます!

 

クリアネオはそのうちの汗を抑えたうえで、殺菌成分のイソプロピルメチルフェノールで99.999%まで殺菌できます。

 

だからワキガ、体臭や汗臭を効率的に防げるんですね!

 

 

クリアネオは成分が危険そうには見えますが、少なくとも身体に負担のかかる制汗作用だとか殺菌力ってわけじゃありません。

 

最悪、返金保証もあるのでいざっていうときはそれを活用すればいいので、そこまでリスクはないって感じますね(^^*)

↓    ↓    ↓    ↓


ワキガ手術に行く前にクリアネオ